スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

久しぶりの更新はチビ太でしょ!

めちゃひさしぶりな更新になってしまいました。

 

精神的に疲れることが多くなってしまった(体力も減退ですが)昨今。

ストレス解消しにどこかへ出かけるでもなく、ニャンコが癒しの友。

 

仕事前も帰宅後もチビ太を見つめ微笑み、戯れて心を柔らかくほぐす。

 

 

 

チビ太、急にぬいぐるみに目覚めたんですよね。

棚の上から引きずり降ろし、なぜかぬいぐるみの鼻にかじりつく。

この熊さんは私の弟が息子の誕生祝いにくれたものだから30年ものです。

 

 

 

 

 

この熊さんなんか初期のQ工房さんから初めて買い求めたもので、とても大事にしてきたのに〜

取り返そうとすると「うぅぅ〜〜」と唸り、くわえて逃げていく・・・

 

どうもそのやり取りが面白い遊びになっているようで、無視しているとぬいぐるみをほっぽいて来るんですけど。

 

 

もうそろそろこの遊びにも飽きてきたようだから、次は何をしでかすのやら。。。

at 17:40, Mariko, 私んちの・ねこねこねこ

comments(0), trackbacks(0), - -

別れ

昨日、3月11日はただでさえ悲しみが溢れる日。

 

 

そんな日の朝、わが家のバル(14歳の♂猫)が永眠しました。

 

昨年6月に保護して元気いっぱいに育っていく子猫のチビ太に対して、元気がなくなってきていたバル。

 

でも、食欲も復活してきたし、だいぶ元気が戻ってきたな・・・と、安心していた矢先の突然の事。

 

前の晩も、夜遅くに帰宅した私を出迎えてくれたのに・・・

 

 

 

一番最初にチビ太を迎え入れてくれたのはあなただったよね。

 

食欲旺盛なきみが、チビ太にはご飯をゆずっていた。(とられていた・・かな)

 

 

 

いつも私にべったりで、ひざの上で一緒に食卓につく。

そうだ、枝豆が好物だった。

 

思い出をたどるときりがないし、いつも一番近くにいたから写真に収まった回数も一番多いかも。

 

昨夜はバルの通夜。今朝、ペット斎場でお別れしてきました。

 

3月11日。絶対忘れることのできない日が命日となりました。

 

 

 

 

 

at 14:01, Mariko, 私んちの・ねこねこねこ

comments(2), trackbacks(0), - -

新年のちび太報告

   寒中お見舞い申し上げます

 

前回の更新からすでに一か月以上が過ぎ、このブログページでは新年の挨拶もしそこねたまま半月を越えてしまいました。

 

昨年は私にとって色々な出来事や想いが交錯した年でした。

 

切なさ、なつかしさ、喜び、怒り、辛さ、充実感、悲しみ・・・さまざまな感情の行ったり来たりで疲労もたっぷり溜め込んでしまいましたが、新年は心機一転、一からこつこつと留まらない自分でいたいと思っています。

 

新しく始まる年は、こうやって気持ちを切り替えるとても良いきっかけになりますね。

 

 

昨年の一大イベントのひとつに、久々の子育て(猫ですが・・・)がありました。

 

なにはともあれ、一番ホットな話題から。

 

 

もう生後7か月で青年期に入ったチビ太。

 

しかし心は少年のまま。。とっくに障子紙は諦めた障子登りの技がすごくて見惚れるばかり。

 

 

お気に入りのおもちゃをくわえてきて遊んで!の視線。相手をすれば遊びは永遠と続く・・

 

 

      朝はまったりと日向ぼっこ

 

      

 

      夜もまったりと膝の上でくつろぎタイム

 

      

ミルクやりで寝不足だった日々はあっという間に過ぎ、かみかみ攻撃で痛い思いをした日々もあっという間に過ぎ、今はこのこの旺盛な食欲との闘いの日々。

 

 

 

 

at 18:03, Mariko, 私んちの・ねこねこねこ

comments(0), trackbacks(0), - -

毎朝の儀式

    朝出かけるときの毎日の儀式 

   

    

 

ドアの前で通せんぼ・・じゃなくて、「一緒に行くー」の構え。

 

だ〜め!!

 

マンションの3階で暮らす我が家ではニャンたちはみんな外出禁止。

 

子ニャンの時にみんなが通るこの儀式・・・そのうちに部屋の中が我が世界だと疑わなくなってくる・・かな?

 

自由に外との行き来が出来ないのが可哀そうだと思う人もいるかもしれないけど、これがここで一緒に暮らすための最低限のルール。

 

その代わり私達はあなた達を飢えさせることはしないし、寂しがらせることもしないし、最後までしっかり面倒をみる。

 

くくられた世界ではあるけれど、それなりの暮らしを一緒にしていこいうね。

 

 

ちび太、、もすぐ5か月です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

     

at 23:12, Mariko, 私んちの・ねこねこねこ

comments(0), trackbacks(0), - -

ちび太 4ヶ月

 

子猫のちび太が我が家にきて早4ヶ月。

 

👈

 

もはや毛玉の面影はなく立派なニャンコです。

 

 

     寝姿は大人ニャンとあまり変わらなく見えるね。

 

        

 

     一日2回くらいはかみつきモードにスイッチがはいる!これさえなければ・・・

at 15:14, Mariko, 私んちの・ねこねこねこ

comments(0), trackbacks(0), - -

水あそびちび太

日々飽くことなく新しい遊びを探求する子猫のちび太。

 

 

 

        

 

 

 

水だっておもちゃにしてしまう。

 

 

前にシャンプーした時、ニャンとも言わずに平気な顔してたし、私が顔洗ってると足をよじ登ってくるから、もしや?と思って洗面台に入れてみたの。。。

 

頭から水かぶってびしょ濡れになってもなにも気にならない様子。

 

そのうち風呂に飛び込むかな?

at 22:47, Mariko, 私んちの・ねこねこねこ

comments(0), trackbacks(0), - -

ちびっこギャング

 

ちび太!我が家に来て3か月が過ぎました

 

 

 

   

 

         

 

ずっと入りたがっていた私のリュック

  

  ついに入り込んで・・・・・寝ちゃったよ・・・

 

    一緒に店に行きたいのか?

 

       

 

相変わらずこの子とは男の子どうし仲良しコンビで、今日もネズミのおもちゃで遊んでる

 

朝はずっと足元にまとわりついて忙しい私の仕事を邪魔しまくるから、こうやっておもちゃで気を逸らしたり、時には使わない部屋に閉じ込めたり

 

大人ニャンは、さっさとちび太が来れない高いところに行って寝ちゃうんだもの、、ずるい!!

at 22:36, Mariko, 私んちの・ねこねこねこ

comments(0), trackbacks(0), - -

その後の子ニャン

早いもので、もう8月。

 

子ニャンがうちに来て53日・・・後一週間で2か月となる。

 

とすると、今がちょうど生後2か月ころ、かわいい盛りですよ。

 

暑さバテしている大人ニャンたちに比べて、子ニャンは元気すぎるほどに元気で、走りまくり、飛びまくり、なんにでも噛みつきまくってる。

 

 

 

膝によじ登って毛づくろいしてたかと思えば、そのまま眠っちゃってるところは赤ちゃんぽい。

 

            

 

大人ニャンのご飯を横取りするのは当たり前なこと。

 

大人ニャンは流石大人で、横取りされても決して怒らない。

 

人の足を伝ってひざへ、そしてテーブルへ

 

     どんどん陣地を広げる。

 

 

 

暑い日でも朝の日差しは嬉しいらしい。ひとしきり日光浴しながら遊ぶ。

 

        

 

         携帯にも飛びつこうとするし、

 

だいたいが動きが早すぎて写真を撮るのが至難の業。

 

 

 

そんなこんな日を過ごしつつ、この子はこのままうちの子になるんだろうか・・・・・

 

そろそろ観念して名前をつけて呼んでみたりもするけど、ついつい今までの呼び名「チビ助」が響きがよくって・・・まずい!切り替えができなくなってる!!

 

 

at 23:11, Mariko, 私んちの・ねこねこねこ

comments(0), trackbacks(0), - -

子猫のいる暮らし

わけあって久しぶりの更新になってしまいました。

 

そのひとつがこんなこと。

 

   

 

6月9日木曜日にこの子は我が家にやってきた。

 

親猫に置き去りにされたらしく、雨降るなかちんまり丸まっていた子を私の相棒が連れ帰ってきてしまった。

 

あわよくばしばらく保護してもらえるかも・・・なんて、動物病院に連れていったけれど、子猫用ミルクもなく代わりにミルクを与える針なし注射器と哺乳瓶をいただいて帰ってきた。

「心臓はしっかり動いています」って言葉だけが頼りだよ。

 

私の片手に収まってしまうほどの毛玉のような命。

まずは、我が家猫たち3匹からの隔離から始まる。

 

当然、私の生活リズムの変更は必至で、ほんの少しづつ何回にも分けてミルクをあげることが第一優先。

 

       

 

          

 

そんなこんなでも毛玉のような命は逞しかった。

 

2日めにはおおきな声で母猫を呼び始めたし、3日めにはよたよた歩き始める。

 

一週間もすれば、人の手を母だと認識し、安心しきって温もりを求める。

 

 

ミルクをやる方ももらう方もだんだん慣れてきて、隔離から解放されて1週間もたてば我が家の猫たちとの距離も縮まってきた。

 

 

そして今日で3週間め。

 

しっぽで遊んでもらえるようになった。

 

 

一人遊びも、部屋の探索も足取り軽く猫らしい猫へと成長。

 

まだ哺乳瓶でのミルクやり、排泄の補助は母猫のようにやってあげなければならないけれど、日々進化する運動能力や適応力!

 

いくら見ていても飽きない癒される日々。(でもずっと寝不足・・・)

 

 

長々な子にゃんこの紹介でしたが、この子の里親を募集しております。

 

我が家にはすでに猫3匹・・・しかもマンション暮らし。

この子に馴染んでくれそうにない猫も約一匹。

 

末長い幸せを願えば、望まれる場所へと養子に行ったほうが良いと思われます。

 

どなたかこの子と暮らしたい!方、ご連絡ください。

 

離乳するまでは私がしっかり育てます。

 

 

 

 

at 00:19, Mariko, 私んちの・ねこねこねこ

comments(0), trackbacks(0), - -

猛暑を乗り切る技(猫編)

猛暑の続く日々。

東側にベランダや居間がある我が家は朝から暑いけれど流石に冷房は入れない。

待ち受ける自転車での通勤を思うと気温差が辛いから。

かわいそうだけど、ニャン達も慣れたもので、朝から少しでも涼しい場所を求めてうろうろ・・・


150728_2141~01.jpg

この時間は西側の玄関方面が涼しいらしい。

150801_0955~01.jpg
         150801_0914~01.jpg

壁にくっついて背中とお腹を同時に冷やす技。

  
150728_2145~01.jpg

とにかく伸びて全身を冷やす技。

私が出かける頃にはそれぞれに居場所も決まり、もう見送りにも来ないのよね。

夕方のお出迎えはご飯と冷房待ちで全員総出の大歓迎だけど。

 

at 23:41, Mariko, 私んちの・ねこねこねこ

comments(0), trackbacks(0), - -