<< こころもよう | main | 紫陽花の時間 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

珍事

今日の夕方、休みで自宅にいるパートナーから電話あり。

「また部屋に蛇がいる」(また、というのは一昨年にも部屋のなかで蛇に遭遇したから)

私、「は?」そう簡単には信じないぞ!「どこにいたの?で、どうした?」

パートナー、「窓辺のカーテンの下にとぐろ巻いてた。で、ちょうど料理に使おうとしていた鍋のなかに捕まえた」

私、「・・・・・・」やっぱり冗談だ。でも・・・「ほんとにほんと?」

パートナー、「前のより小さい、子供の蛇」

私、「・・・・わかった、早めに帰る」


          
 
     早々に帰宅した自宅玄関には蓋の閉まったお鍋。

     恐る恐る開けた中身がこれ。

帰宅したその足で鍋持って川原に直行だー。

      


鍋の蓋を開けてもじっとして動かなかったけれど、鍋をひっくり返したら、はっと気が付いたように草むらのなかに吸い込まれていったよ。


しっかしなぁ・・・なぜ???

マンションの3階にどうして蛇が現れる?

一昨年の時は二度と起こらない珍事だと思って、なにか良いことの前兆かも〜なんて少しワクワクしたものだったが。

そう、あの時は私が休日でひとりだった。心臓バクバクで、なんとか捕獲したのだった。
そして帰宅したパートナーに川原へ逃がしに行ってもらった。

このマンション、他の部屋にも蛇が現れるのだろうか?是非聞いてみたいものだ。

この部屋にだけ蛇がやって来るのだとしたら・・・・どう考えたら良い???




 

at 00:19, Mariko, つぶやき

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 00:19, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://ome-minamo.jugem.jp/trackback/960